ミンカブ

予想期間:2020年12月18日〜2021年08月26日

上昇

20%以上〜40%未満

投資仮説

21年3月期決算後までの予想を考えてみました。
「条件付きでの株価上昇」を予想しています。
一番のポイントは、21年3月期決算で会社計画の売上40億円、営業利益7億円を達成できるか?だと思います。

特にソリューション事業の売上26億円が達成できるかどうかが最大のポイントだと考えています。
現状は2Qが売上11億円とやや進捗は悪いですが、下期がどうなるか?については、下記の仮定をクリアできれば達成できるかと思います。
→仮定1:ストック収入が継続すると仮定=ストック収入で16億の売上確保?→新規案件
は4億円
→仮定2:初期・一時売上が下期偏重の計画?=下期に更に新規案件獲得の予定?

アップサイド→ソリューション事業の上振れ:上記2つの仮定をクリアできれば計画達成と更なる上振れが可能
ダウンサイド→広告事業の下振れリスク:計画は横ばいだが下振れするリスクあり

結局はソリューション事業次第だと思います。顧客となる企業の需要について調べる必要があると思いますが、個人的には需要は強い(顧客にとって攻めの投資に当たるため、予算削減にはなりにくいのでは?)と考えます。

参照元URL

ハッシュタグ

  • #ミンカブ