メドピア

6095

メドピア株式会社は、医師専用サイト「MedPeer」のサービスを行っている企業である。

企業サイト IR情報

株価

6540

前日比 -30

メドピア

予想期間:2020年12月05日〜2022年04月22日

上昇

0%以上〜20%未満

投資仮説

医師向け情報サイト、製薬会社の広告料が収益源だが、コロナ渦によるオンライン化の加速、国主導の健康寿命延伸が今後も後押しすると予想する。健康増進、予防医学にも取り組んでおり、2020年9月期の業績も、売り上げ、営業利益、経常利益、純利益すべてにおいて順調に増加している。また、次期予想に関しても、各利益率が40%超の見通しを計画している。あくまで仮設の域を出ないが、今後、株式分割を意識しているようなことがあれば、さらに株価は上昇していくと予想する。

  • #メドピア
  • #業績
  • #その他

メドピア

予想期間:2020年11月28日〜2022年04月15日

上昇

0%以上〜20%未満

投資仮説

同社は会員12万人の医師向けコミュニティサイト「MedPeer」を柱に人材マッチング・経営支援を行う。また、薬剤師向けコミュニティサイト「ヤクメド」、かかりつけ薬局化支援サービス(アプリ)「kakari」も育成中であり、医療分野を中心にポートフォリオを構築している。医療のデジタル化の流れは不可避であり、その中で日本最大級の医師の会員データを保有する同社は有利に働く。長期的に強気予想

  • #メドピア

メドピア

予想期間:2020年09月09日〜2021年01月12日

上昇

20%以上〜40%未満

投資仮説

2020/9/15付で東証一部へ市場変更となるメドピアだが、業績に関しても2020年9月期第三四半期の決算において売上高前年同期比+62.8%と非常に好調で、その他業績も総じて成長を見せている。医師の80%が登録するエムスリーと比べられることもあるが、エムスリーは製薬会社などのサプライヤーを対象とした広告事業や、医療総合サービスを軸に展開しているのに対して、メドピアは医師自体を対象としており、またヘルスケアソリューション事業に注力するなど、エムスリーとは十分に差別化できていると思う。
今月からはスギ薬局との提携の一環で、かかりつけ薬局化支援サービスであるkakariをスギ薬局の各店舗に導入した。
スギ薬局の会員数はポイント会員数680万人、アプリ会員数400万人を超えるため、この層を獲得することで得られる利益はとても大きいと踏む。
またヘルスケアソリューションの一環である、予防医療などは高齢者層が増え続けている日本においては大きなビジネスチャンスだと思う。
一部への市場変更と高い成長率、戦略の将来性から長期的にみて株価は上がると予想する。

  • #メドピア

株価予想をする